トップ » 会社案内 » 代表挨拶

代表挨拶

message弊社ブランド「三代目 俵屋玄兵衛」は、海外初の日本産米専門店として、2009年に香港で産声をあげました。

きっかけは「自分たちが本当においしいと思うお米を海外でも食べたい」というものでした。当時香港には鮮度・食味共に満足できる日本産米がなく、他国で生産された日本米(いわゆるジャポニカ米)が主流でした。日本産米は農家のたゆまぬ努力の末に生まれた、言うなれば技術の結晶。味や香りもさることながら、冷えた後でも黄色くならず、おいしく食べられる点は、たとえ同品種であっても他国産日本米では再現することができません。

そこで、自分たちが納得できる安全でおいしい日本産米を直接仕入れる為、私たちは全国の産地を渡り歩き、生産者を訪ね、試食を繰り返しました。当初は「安い外国産米のある海外で受け入れられるはずがない。」「無謀な挑戦じゃないか。」といった声もたくさん頂戴しました。しかし、そんななかでも綺麗な水・空気・土といった環境、そしてなにより情熱をもってお米作りに取り組み、一緒に「メイドインジャパンのお米」の良さを世界中に広めるという、私たちの強い理念に賛同してくださった北海道蘭越の坂野さんや長野県八重原の滝沢さんをはじめとした、全国の心強い生産者・パートナーと出会うことができました。そのような生産者の皆さんの熱い後押しの中、「このお米なら」と納得した最高品質のお米のみを厳選したのが「俵屋米」です。

俵屋玄兵衛の一番のこだわり、それは「世界一の日本産米を最高の状態で」。 お米は生鮮食品。全国の生産者から預かった大切なお米を、最適環境に保った低温コンテナで玄米のまま輸出し、海外現地でも同様の低温倉庫にて保管しています。そして、お届け日にあわせてオーダー毎に各海外拠点の自社精米所にて精米。熟練の精米士がその日の気温・湿度といったコンディションにあわせて、精米と梱包を行うことで、鮮度・品質ともに最高の状態で、お客様の元へお届けしています。

この妥協のない「こだわり」ひとつひとつが、俵屋米の品質を支えていると自負しております。
また、お米を販売するだけではなく、お米の知識や生産過程、炊き方、レシピ、日本のお米の背景にある文化を海外現地の各種メディアや幼稚園、学校、イベントなどでも紹介し、海外の方にも日本のお米や食文化を深く知って頂いて末永く愛して頂ける様、「日本産米伝道師」としての活動も行っております。

おかげ様で開業以来、多くの方のご支持を賜り、個人客さまより延べ8万件以上のオーダーを頂き、300店舗以上の素材にこだわる海外の日本料理店さまや寿司店さまに選んで頂いております。
現在、私たちは「新鮮でおいしい日本産米を世界中で食べて頂きたい」という想いから、香港とまったく同じこだわりのスタイルを踏襲した二号店「新加坡精米所」をシンガポールに、三号店「台北精米所」を台湾に、更には四号店としてアメリカハワイに「ホノルル精米所」を立ち上げ、現地でご好評頂いております。

今後も日本産米伝道師として、世界中に新鮮でおいしい日本産米を広めるべく、引き続き邁進して参ります。皆様のより一層のご理解とご支援を賜ります様、お願い申し上げます。

株式会社Wakka Japan
代表取締役 
出口 友洋